互換ソフトの存在


CADには互換性のあるソフトウェアというものが存在しています。実は日本国内だけのことを考えてみてもかなりの数の互換CADソフトウェアが販売されています。そしてその性能や使い勝手の良さもどんどんと向上しているようで、従来のCADに慣れた人でも使いやすいインターフェースが備えられてきています。もちろんこうした流れは日本国内だけでなく、正解的にもAUTO CADの代用品として採用される互換ソフトウェアが人気を博しています。こうした互換ソフトの場合、一定期間だけは無料で使用できるような体験版が用意されていることが多いので、互換CADを導入する前にしっかりと使用してみてから実際の導入を検討できるので便利です

データの読み書きができる互換性だけでなく、コマンドの操作性なども従来のAUTO CADユーザーにとって馴染みあるものとなってきています。ではなぜこうした互換性のあるソフトウェアがそこまで進歩し必要とされているのでしょうか?それはAUTO CADの導入コストや運用費用の高さにあります。そもそも最初の導入の段階でも結構な費用がかかります。もちろん昔に比べれば安くなってきてはいますが依然として足踏みする会社もあります。