AUTO CADとは


AUTO CADというワードはよく聞くと思いますが、AUTO CADの導入に関して、また互換ソフトなどに関して知識を十分に持っている方は少ないかもしれません。技術を学ぼうと考えている人も、仕事のうえでAUTO CADを導入したいと考えている方も、さまざまな部分に関する勉強をしなければなりません。そもそもCADというものは「コンピューターによる設計支援」のことを言っていますが、近年では欠かせないものとなっています。

以前は手作業でやっていた図面の作製が現在はCADに取って代わられているわけなので、面倒な作業を効率的にそして正確におこなうことができますし、作業をする人の熟練度合いがそれほど影響することはありません。もちろんどんなに機械化されたとしてもこのソフトを動かして作業をするのは人間なので、キレイな図面を描くためにはコツや知識が必要になってきます。いずれにせよ圧倒的に作業速度が上がるのは間違いないわけです。

そしてAUTO CADを利用することで図面を紙媒体ではなく、データで管理することが可能になります。保管場所のことを考えても使い勝手のことを考えてもメリットが多いです。しかしデータの場合はデータを消してしまわないように気をつけなければなりません。作製速度、修正のしやすさ、そして保管のしやすさを考えてもAUTO CADを導入するメリットはかなり大きいと言えます。導入の際に気をつけるべき点はどんなことがあるでしょうか。