費用を抑えるには


従来のAUTO CADの導入コストやランニングコストの高さを考えると、互換ソフトウェアの存在は多くの企業にとってありがたいものとなっていることでしょう。AUTO CADの場合その都度の最新版へのバージョンアップにもコストがかかってきますし、しかもそのバージョンアップが最低でも三年に一度しなければならないものなので、運用コストが膨れ上がっていきます。ちなみに三年以内にバージョンアップをしなかった場合、システムごと購入し直さなければならないらしく、企業にとっては悩みの種となります。

それを考えると互換CADソフトウェアを使うことによって得られるコスト面でのメリットはかなり大きいと言えます。なるべく使いやすく、互換性の高いソフトを選ぶために無料期間をしっかり活用して互換ソフトを選ぶ必要があります。これからはいろいろな分野でさらにコンピューター化やオートメーション化が進められていくと思いますが、製図という面においsてAUTO CADが果たしていく役割はさらに大きくなっていくかもしれません。その流れの中でAUTO CADの互換ソフトウェアの需要や役割というものもどんどんと大きくなっていくに違いありません。